岸まきこ 後援会公式ホームページ
コラム

コラム33 声を代弁してくれる議員が必要

公務員賃金の基礎となる人事院勧告。昨年は、月例給、一時金ともに引き上げの勧告でした。この人事院勧告は、公務員がストライキ権などを制限されているため、その代償措置として、毎年、人事院が民間の給与等の動向を踏まえ内閣と国会に …

コラム32 地域から安心社会を実現

4月は出会いの季節ですね。入学・進学・異動など新たなスタートの時期。北海道民にとっては、冬の厳しい寒さや大変だった除雪作業を乗り越え、「新しい息吹」を感じる、一年の中でも最も好まれる季節かもしれません。 私も春の樹木の新 …

コラム31 誰もが暮らしやすい社会をめざす

3月は卒業シーズン。25年前、高校を卒業する時の私は何を思っていただろうか。卒業時は、それまでの生活を振り返り、未来への希望を文集にすることがよくある。私も書いた。その中に「夢」を書く欄があった。小学校卒業時「ディレクタ …

コラム30 再生可能エネルギーへの転換を

数日前から鼻水、くしゃみ、咳、そして目の充血。自治労本部に来てから5年、恐れていた「花粉症」の症状が出ています。昨年は杉花粉が目に見えている中で活動しても大丈夫でしたが、今年はPM2.5の影響もあってか症状が出ました。マ …

コラム29 イキイキと働くことができる環境づくりのため

私は市役所で働くことが好きでした。何かめだつような事業に携わることも、自慢できる仕事をしたこともありませんが、市役所に携わることができて良かったです。理由は、市役所が地域の住民を支える大事な職場だと思うからです。 しかし …

コラム28 北海道知事選挙

待ち望んでいた地元北海道の知事候補予定者が石川知裕さんに決まりました。出馬記者会見をタイムリーに見ることはできませんでしたが、インターネットで全文を読みました。読んで心が躍りました。心から知事になってほしいと願います。 …

コラム27 誰も差別されない社会を!

1月15~16日、大阪で部落差別と在日コリアン差別の現状と課題を学びました。 部落解放同盟大阪府連の青年部長からは、「恋人に被差別部落出身をいつカミングアウトするかが友達との会話になる」、「釣書(身上書)が被差別部落出身 …

コラム26 あけましておめでとうございます

2019年、みなさんは新年をどのように迎えましたか。私は地元岩見沢に帰省し、家族と新年を迎えました。この度の帰省で感じたのは、母の「老い」です。 私が子どものころ、母は自宅で曾祖母の介護を行っていました。そんな姿を見て育 …

コラム25 パワハラを防ぐには

私が法律対策と労働安全衛生を担当していたころ、パワーハラスメント(パワハラ)に関する相談を受けました。パワハラが原因で自死に至ったケースもありました。セクハラやマタハラは、すでに法律で事業主に対して防止措置が義務付けられ …

コラム24 女性の政治参画

今回は「女性の政治参画」が必要と思う理由の一つを書きます。 現代では、女性が生徒会長やリーダーに選ばれるのも自然ですし、「仕事をする上で性別による差別を感じる」という人は少ないかもしれません。実際に仕事上での男女平等は進 …

1 2 3 4 »
PAGETOP
Copyright © 岸まきこ(岸真紀子) 後援会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.